神の完全な怒り

私はいくつかの引用符を読むことから始めたいです. だから密接に耳を傾け、あなたが言っているものと一致するかどうかを考えます.

「怒りは愚かな者の胸に宿ります。」 - アルバート・アインシュタイン

「怒りは短い狂気です。」 - ホレス

「怒りに開始されるどのような恥で終わります。」 - ベンジャミン・フランクリン

「何もしないでください [怒りのうち], あなたは間違って全力を尽くしますため。」 - 言い換え

怒りは、私たちが通常望まない1これらの文字の特徴であります. 誰も怒りを好きではありません. 怒りは苦味と保持恨みにつながります. 怒りは悪い意思決定につながります. 怒りは、時には暴力につながります. 人々は通常、任意の瞬間にハンドルを飛んことが誰かの周りにしたくありません. それは少し不安定なようです.

しかし、ここで私の質問です: 神は怒るん? 宇宙の神が怒って沸騰することができますものはあります? さて、私は私達のテキストは、この夜はその質問に対処すると思います.

バックグラウンド

あなたは私と一緒にオンにする必要はありません. 出エジプト記で 17, イスラエルの人々は、彼らが彼を信頼することはできませんかのように作用することによって、神をテスト. すべての後、彼は彼らのために行われています, それら民作ります, 奴隷からそれらを配信, ように彼らのために提供し、, 彼らはまだ彼を信頼していません. そこで、彼らはモーセと戦う、今彼らに水を与えるために彼に言います. 彼が死ぬことを砂漠にそれらをもたらした彼らはなぜ彼を求めます. そして、彼らは実際に質問をします, 「主は私たちの間ですか?「

そして、これは、この世代の特徴神に対してぶつぶつと文句を言うの一種であります. 数字に早送り 14, もう一度, ほとんどの繰り返し壊れたレコードのように, 彼らは再び文句とエジプトに戻ってすることが良いだろうと言っています. 彼らはそれらを提供するために、神を信頼し、彼の約束を守りませんでした.

この詩篇は、これらの特定の物語の両方を思い起こさせます. そして、私たちの詩は、私たちに神への信頼の欠如に対する神の応答を示します.

詩篇に私と一緒に回し 95:10-11.

40年間、私はその世代で怒っていました; 私は言いました, 「彼らはその心迷う人々であります,彼らは私の道を知らなかった "だから、私は怒りに誓いで宣言しました, 「彼らは私の残りの部分を入力したことがないものとします。」

我々は、この夜、このテキストから3簡単なポイントを検討するつもりです.

私. 罪は神の怒りを引き起こします

テキストに再び聞きます. 神は言います, 「40年間、私はその世代で怒っていました…「 さて、私はそれがかなり明確に質問に答えると思います. 神は怒るん. そして、それはこの怒りを誘発民の罪です. しかし、私は彼らの罪は、神が怒って作られていることを、ここで任意の驚きがあるはずはないと思います. これは、神が罪にどのように反応するかであります.

育った私は良い父親を持っていました, 愛情の気配りだったし、我々はかなり良い関係を持っていた人. しかし、私は本当に彼がであることを何が起こっていたかの気分を知っていたことはありません. ものを取得した場所に行きたかった子供のためのだから, 私はゲームをプレイしていたように私は一種の感じ. 私は何かのために彼に尋ねた前に, 私は種類の彼を感じ、彼はにあった気分の種類を参照してみました. 「どのようにそれらのカウボーイズの試合, パパ? あなたのヘアカットは確か。良さそうに見えます」そして、それらの触手の質問は、私は今すぐ、または後で彼に尋ねるべきなら、私は把握に役立つだろう. しかし、私の方法は完璧ではあり​​ませんでした. 私が尋ねたとき、彼は喜びで応答することになるのであれば、私は確実に知ることができませんでした (「確かに, 息子!「) または怒り (「私の顔を離れる取得, 息子!「). 彼はそのように予測不可能でした.

さて、私たちは神で予測不能のこの種を期待すべきではありません. 神は神秘的な方法で動作します. だから、神は多くの方法で予測不可能です, しかし、罪への彼の応答に関する予測できないものはありません. それは彼の怒りを引き起こします. 彼はアダムとイブを約束しました, 彼らは彼を従わなかった場合、彼らは死ぬだろう. 罪のゆえに彼は地面を開放し、数字で陰府に下り、それを通じて人々を落としました 15. そして、イベントでこの詩篇でに言及しました, 神は再び怒りで応答します. 罪は神の怒りを引き起こします.

実際に, 翻訳だフレーズ 私はその世代で怒っていました, 文字通りより 「私はその世代に嫌わ。」 それは多くの翻訳が言うことです. それは嫌悪のこの絵を伝えます. 神があるため、彼らは行儀てきた方法のこの人々とうんざりされています. だから、私たちの質問に答えるために, 神は怒るんと彼は激怒して、前の世代の罪に回答しました, 聖なる, 嫌悪感.

今、私はこの月を知っています, 神のいくつかの人々の概念に対してこします. 彼らは考える, 「まあそれはあなたが話している私の神ではありません. 私の神は怒っていません。. 私の神はそれを言うことはないだろう。「さてあなたは正しいかもしれません. たぶん、あなたの神はそれを言わないだろう, しかし、聖書の神は、ちょうどこのテキストでここにいました.

そこでここでは問題があります? 完全にどのように可能性があり, 聖なる神がそのように一貫しても嫌悪感猛烈な怒りで応答し、? 私は一貫して怒りで妻に応えて、彼女怒鳴ら場合, それは私の一部に恐ろしい罪であろう. 神の怒り, しかし, 私たちのような罪深いではありません. これは、文字の欠陥ではありません.

私はこれを説くように, 私は周りのつま先を傾けるか、神の怒りを謝罪する必要性を感じていません. そして、あなたはどちらか、神の怒りについてのあなたの非クリスチャンの友人に謝罪する必要性を感じるべきではありません. または地獄について. そして、あなたは神の罪深い過去についていくつかの秘密が流出したように、旧約聖書に裁きについて当惑する必要はありません.

神の怒りは罪ではありません. それは、聖なる神が罪に応答する方法です. それは彼のイメージで作られた男性から宇宙反乱と反逆の唯一の神聖な応答であります. あなたの標準に神に準拠しようとしないでください, 彼は標準であるため、. 私たちの怒りが罪深いです, 私たちは罪人であるため、. しかし、完全に聖なる神としての神は唯一の正義のように怒っていることができ.

罪は神を怒らせる唯一のものです. そして、それは常に神を怒らせます. そして、すべての罪人は怒っている神に答えなければなりません, 何とかしない限り、それらを目的とした神の怒りはの世話をすることができます.

応用: 時々、私たちが罪を犯すとき, 我々はそれがそんなに悪くないと思うように誘惑しています. 私はクリスチャンだった前に私が知っています, そして時にはそれ以降, 私は大したことのように罪を考えていませんでした. しかし、それは私が考えたすべては、私はいくつかのルールを破ったことがあったためです. 私は十分に道徳的されていませんでした. まあ罪は十分な道徳的であることをちょうど失敗以上のものです. それは、人に対する犯罪である - 最も忠実な人. そして、それはその人を悲しませる、彼は怒っているになります. 神は罪を憎ん.

多分それはしかしあなたを満たしていません. たぶん、あなたは神が過剰反応されていると思います. 私は本当に彼が40年間、怒っていた意味します? 彼は恨みを保持しているように聞こえます. 小口の種類を鳴らし, 神. なぜそれが彼がそう怒りません? まあそれは2を指すように私をもたらし.

二. 罪は代替パスです。

詩を見てください 10 再び. 神は彼がして怒っていたこの世代の説明を示します. 彼は言い​​ます, 「彼らはその心迷う人々であります, 彼らはわたしの道を知りませんでした。」

神は彼らの心の中で道に迷って行くと言います. 彼らはただ彼らの行動に道に迷って、外部から行きません. しかし、彼らの最も内側であることに, 彼らが誰であるかのコアで, 彼らが道に迷って行きます.

私は恐ろしいことが起こる - 私は絶対にひどい意味 - 方向で. だから、おそらく、週ごとに私の妻は何かを得るか何かをオフにドロップすると、どちらか私は彼女を呼び出すことなく、それをしないためにどこかに私を送りますかそれは限り私は5回を取ります. 彼女の方向が悪かったので、それはありません, 私は間違ってターンを作り、間違った道を行くと振り向いますので、それはです.

まあ、これは彼が彼らの心が道に迷って行くと言うときに、ここで塗らの画像の一種であります. 彼らの心は間違った道を旅し、間違った場所にそれらを導きます. 彼らは失われています. そして、同じことがすべての罪の言うことができます. すべての罪は、単に外部以上のものです, 私たちの心は間違った方向に行くので、それが起こります. そして、私たちの行動は以下の通り.

そして彼はまた言います, 「彼らはわたしの道を知りませんでした。」 神の文字が彼らの前に完全な表示になっていた - 彼の慈悲と彼の力, 等. そして彼は、彼らが彼のやり方に従うようにコマンドを与えました, 彼のパスに従うこと. しかし、その代わりに、彼らは別の道を歩むことを選びました. 彼はファラオからそれらを納入一つだと紅海を分割します! それは彼らがいることを見た後、彼を信頼していないだろうと信じられないほどです. 彼らは、彼の作品を見ました, しかし、彼らは彼の方法を知りませんでした.

キリスト教の, あなたは、これはあなたが罪を犯したときに何をやっているであることを認識しています? あなただけの馬から落ちるか、あなたの全潜在能力の短い来ていないこと? あなたは神があなたのために設定されているものに代替パスを選択しています. あなたが言っています, "神, 私はあなたの方法を見てきましたし、私はそれらを好きではありません. 私はあなたが私が住みたいと思う方法を承知しています, そして、私は私の方法が優れていると思います. 私はあなたとあなたよりも優れて主よりも賢いです. 私は私自身のパスを選択するつもりです。 "これは邪悪です. そして、これは私たちが罪を犯すたびに、何をすべきかです. 私たちの罪は、このぶつぶつの罪よりも良いではありません, 疑い深いです, このテキストから邪悪な世代.

私たちは罪を当然考えなければなりません, 我々がすべきのようにか、我々はそれを嫌いません. それは当然あなたの罪を確認するために取るものは何でも. それは醜いです. それはかなり作るしようとしないでください. 私たちも、我々はそれについて話す方法を変更することもできます. 私たちは、ああ」と私たちの罪を考えるべきではありません, 私は戦いを失いました. またはオハイオ州, 私はこれで苦労しています。「いいえ、私たちは神に背くことを選びました. 私たちは、神が何を私たちに命じもの以外の何かをすることにしました, 我々は、彼が言っているか好きではないので、. それは罪の醜い現実であります. とにも神の意志をしたい信者として, 私たちは私たちの罪を右視点を保つために戦うしています.

ラルフVenningはそれをスタンドの下で私たちを支援します 罪の罪深 とき、彼は言います, 「要するに, 罪は神の正義をあえてされています, 彼の慈悲の強姦, 彼の忍耐の冷やかします, 彼の力のわずかな, 彼の愛の軽蔑. 私たちは上に行くと言うかもしれません, それは彼の摂理の厳しい叱責です, 約束の一蹴, 彼の知恵の非難。 "

賛美歌がここに与える警告は言葉で始まります, 基本的には意味がますます頑固になっていません」。あなたの心をかたくなない」と神のコマンドを拒否. そして、その警告は、同様に私たちに適用されます. ヘブル人への手紙の著者は、このセクションをピックアップし、脱落に対して、ヘブル人への手紙を警告する理由はここにあります.

あなたは頑固に神の命令を拒否した場合, あなたの心は時間の経過とともに難しくなります. 本当に難しいの心は、通常、時間の長いスパンにわたって起こります, ない一夜. 私たちは悔い改めない罪で終わる人のようなものになることは決してないだろうと思います, しかし、我々は可能性. 私たちは何度も何度も何度もささいなことで、神に背くことを選択したときには本当に難しいの心は時間をかけて起こります. ここで簡単に見, そこに小さな嘘, そして時間をかけて私たちが罪を犯すと、それを正当化するために開始する脱感作となります. そして、あなたはそれを知っている前に、, 私達はちょうどふりをしています, 私たちはふりの疲れと完全にイエスを次の停止まで. これらの小さな戦いは、実際には巨大です.

あなたは今日ここにしているのであれば、あなたの人生に残るためにいくつかの罪を許します, 悔い改めます! 今! 他の人に自分の罪を告白. あなたの心を硬化させる。このサイクルを開始しないでください. 代わりにあなたの道を信頼します, 彼を知っています. 彼の方法に従ってください. イエスを信頼し、彼の言葉を信じて. 彼はあなたを愛し、あなたがあなたの利益のためにコマンドを与えています. 彼のパスに従ってください.

[OK], そのように、神の怒りは、代替パスを選択された罪と、罪によって引き起こされます. だから何? この代替パスを選択することの結果は何ですか?

三. 罪は神の残りの部分から私たちを保持します

詩に耳を傾けます 11.

だから、私は怒りに誓いで宣言しました, 「彼らは私の残りの部分を入力したことがないものとします。」

結果は、その神の怒りで, 彼は彼らを罰します. この特定の事件で, 神は彼らを赦し, しかし彼は、彼らが約束の地を入力することはできません。. しかし、時間によって賛美歌はこれを書き込みます, 神の民は、すでに入力されています. そこで彼は、神の永遠の残りの部分について話を、このテキストを使用しています. そして、これはヘブライ人の作家もそれを使用する方法であります. 神は私たちが入ることができる永遠の残りの部分を持っています, しかし、私たちの罪はそれから私たちを維持することができます.

私たちは、神が怒るんだけでなく、こちらを参照してください。, しかし、彼は彼の怒りに決定を下します. 実際に, この通路に彼は彼の怒りに誓いを作ります. 彼は以前の引用符の1が何をしていないと言うまさにません. しかし、彼の怒りは、私たちのような気まぐれではありません. これは、すべての人の怒りは罪深いあると言っているわけではありません. しかし、彼は決して. 怒りは彼を酔わせると愚かな意思決定を行うために彼を移動しません. 代わりに, 彼の怒りはレベルが向かっています, 聖なる, そして、彼はまだ善と正義で応答します.

神の永遠の残りの部分は美しいです, 穏やかな, 非ストレスの多いです, 神は彼の真の人々のすべてが中に入ることになるでしょう場所を美化します. 神の怒りは神聖であり、, ただ, ひどいです, 彼らが値するものを得る人のために運命を恐ろしいです [言い換えます]. 地獄には残りの部分はありません. 地獄にはレリーフがありません, 苦しみや怒りだけ. そして、我々は軍の怒りや人の話をしていません, しかし、永遠にあなたの頭の上に全能の神の怒り. 神の怒りは旧約聖書には存在しません。. 彼は今も罪を憎ん. 私たちは、この驚くべき神を恐れるべきです. 彼らの罪は、神の残りの部分からそれらを保っ, そして私たちは、あまりにもすることができます.

これは、ここで皆のために、この夜です. あなたが死ぬ後, あなたは神の残りの部分を入力するか、神の怒りに耐えるしますか. これらは2つだけのオプションです. 私たちのすべては、2番目のオプションを値します. 私たちのすべては、彼が約話し罪深い世代のようなものですので. 我々は独自の道を行きます. 私たちは心の中で道に迷って行くと我々は彼のやり方に従いません. 私たちは、と何度も何度もかけて神を怒ら非常に事をやりました.

だから、私たちのいずれかのためにそこに期待しています? がある.

に 1 テサロニケ 1:10, パウロはこれらの言葉でガリラヤから来た男を説明します, 天から "御子, 誰彼は死人の中から引き上げ, イエスは誰が来るの怒りから私たちを提供します。」

以降で 5:9-10 彼は信者に言います, 「神は怒りのための私達に宛てていません, しかし、わたしたちの主イエス・キリストを通して救いを得るために、, 私たちが目を覚ましたり眠っているかどうかを我々は彼と一緒に暮らすことがありますように、私たちのために死にました。」

私たちの唯一の希望は、イエスであります. そして、彼はそんなに私たちを愛して.

「これでは愛があります, ない、私たちは神を愛していることが、彼は私たちを愛し、私たちの罪のためになだめなるために彼の息子を送ったこと。」 1 ジョン 4:10

カップがありました, 神が私たちに注ぐように調製したことに激怒憤りと怒りに満ち. しかし、キリストにある私たちのもののために, 私たちは、その怒りを我慢する必要はありません. 代わりに, 神は私たちの頭の上からそのコップを取っているし、彼はそれを移動しています. キリストにあって私たちの方のために, 彼は我々がアップ保存されていることを怒りを取りました, 1カップにすべてを注い, 御子の頭の上に置くと、彼は彼のすべてを注ぎ出します. どのような偉大な愛! イエスは十字架の上で罪人のために神の恐ろしい怒りを耐えました. 彼は十字架の上で死にました, しかし、彼は私たちの勝利の王として3日後に彼の墓から上昇しました. イエスは言われました, "うちにおいで, 誰が労働力と重い荷を積んだすべて, そして、私はあなたが休ませてあげます。」 (マシュー 11:28)

良いニュースは、このイエスに信仰を置く人のこと- 神は私たちのために残された怒りを持っていません. キリストに, 神は、もはや私たちと怒っているではありません. 私たちが罪を犯したとき、彼は私たちに悲しみました, しかし、我々は彼らのために処罰されることはありません. 祝福されたが、その罪を彼に対してカウントされません男です.

そして、私たちはキリストに信頼し続けた場合, 彼が戻ったときに我々は代わりに恐怖の喜びで彼を受け取ることができます. そして、我々は歌うことができます, 「たとえそうであっても、それは私の魂とよくあります。」

SHARES

4 注釈

  1. Evan応答

    ありがとうございました, 旅行. I wanted to get your take on something because you have been someone who has played a big role in my walk with Christ. This will be long, so if you don’t get around to it, I understand.

    When I became a Christian a few years back, things were simple- trust Jesus completely, God forives you for everything (past, present, future), just trust in him and he will take care of the rest. Not to make feelings the basis of faith, but back in those days there was a constant joy and obedience came naturally from thinking I was forgiven unconditionally. Just a kid who trusted in his dad and didn’t worry about needing to be perfect. The focus was all on thankfulness for Christ. I didn’t need to worry about sin because the way I viewed it- my job was to trust Jesus, the Holy Spirit took care of the rest.

    As I spent more and more time in the word, there were scriptures that would come up that shook that trust/grace foundation that I described earlier and took me back to my childhood. My father especially (who was young in the faith at the time, so I don’t hold it against him) was very quick to stress God’s justice without balancing it with teaching about his mercy. 例えば, he taught me at a very young age that I must repent of all my sins in order to be saved, that many Christians will be in for a rude awakening on Judgment Day because they think that Jesus will welcome them when they still break God’s law, 等. He was huge on speaking in tounges, many other things but didn’t hit much on the trusting God part.

    As more and more doubts crept in and I became deeply interested in theology, somewhere along the line I set a pattern of trying to take things into my own power and figure everything out intellectually instead of drawing close and waiting on God. I can’t tell you how many hours I’ve spent researching theological stuff, unanswered questions, looking up scriptures in Greek, 等. on the internet this last year. My thought process has beenWell if Jesus has all of these conditions, then I need to make sure that I meet the conditions.Thus, my walk became intellectual and perfectionistic. What was once so simple became utterly complicated, my trust was crippled, and thus I’m still in a pretty burdened time in my walk with Christ right now.

    I notice two opposing unbalanced camps within Christianity and I’m sure you may agree- 1) anobediencecamp and 2) イエスはそれをすべて支払いました” camp. The obedience camp is quick to stress our responsibility and usually references the synoptic Gospels, revelation, the OT, 等. The Jesus paid it all camp stresses trusting him alone and seems to rely very heavily on Paul. When I first started walking with Christ, I definitely had the mindset of Camp 2, but the more I studied the Scriptures and (悲しそうに, the opinions of men on the internet) I became very startled about doubting my understanding of the grace that changed my life. Camp 1 is great about stressing God’s righteousness and unchanging nature but seems to try to manufacture obedience from fleshly willpower. They will reference stuff like the “主, 主… I never knew youscripture. Camp 2 is great about stressing God’s forgiveness and the sunshine and rainbows stuff, but portrays God as if he is two completely different people from the OT to NT. They’ll reference that nothing can separate us from God’s love and that type of stuff. God’s truth has to be somewhere in the balanced middle, 右? My goal is just to know God for who He says He is and have a biblical balanced understanding of all of his attributes. I’m having the hardest time getting back to just trusting him and being in relationship with him because I’m constantly worried aboutnot being able to figure everything out” (I’m relying on my own understanding terribly). The only thing that I take comfort in right now is this- Getting back to walking and talking with God and trusting that He will take this thing wherever he needs to take it if I would just trust him to do it. If he has all of these conditions, then my job is to trust that his grace will help me meet them.

    Much Love, 旅行.

    • Liz応答

      Hi Evan,
      I saw your angst, and you’re right. There are basically two camps when you look at the big picture. There is balance though, and I know you can receive it. I say receive rather than find because the Lord tells us, “knock and the door shall be opened”. Studying the Word is good, don’t stop. だけど, are you also in prayer? I’m not talking about praying with a feeling of obligation or a laundry list of requests. だけど, praying truly from your heart. It’s something to practice, I’ve been learning how to do it better myself lately. 最初, praise God for who He is. Then ask for forgiveness, specific forgiveness. After that approach the throne with your concerns, worries and burdens. Wrap it up with more praise. There are some great apps out there that can help with this (Examen and Examine). Both are prayer apps that a friend of mine highly suggests. I haven’t decided which one to do yet. I would also suggest reading the book, Fervent, by Priscilla Shirer. I am reading it right now. It’s about prayer and spiritual warfare and it’s been so great! Really eye opening. I am thinking more and more that in Western society we are spiritually asleep. We have a casual approach to prayer and spiritual warfare is a fairy talebut it is all very real. You will find peace in prayertalk with God about your questions. It’s okay to ask questions. I hope you’re able to see this and I hope it helps you Evan!
      Your Sister in Christ,
      Liz

  2. Keenan Allen Jersey応答

    There are a lot variances from indoor volleyball together with outdoor beach ball. The hardest thing to receive useful to is actually you move foward the actual crushed lime stone. A backyard tactic is generally merely 3 step technique where you start straight up rather than go forward as you soar.